ランキングに参加しています!応援宜しくお願いします_(._.)_
人気ブログランキング にほんブログ村 動画紹介ブログ アイドル動画へ
◆逆アクセスTOP10サイト様◆
◆相互リンクサイト様◆


アクセスアップ・上位表示のSEO.CUG.NET
リファラーをSEOに役立てるシステム
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

ボッテガヴェネタ by Mr.leeさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

2006年10月01日

YouTube(ユーチューブ・ようつべ)について

YouTube(ユーチューブ・ようつべ)について
ユーチューブは、アメリカ合衆国の企業。オンライン上で動画を共有、閲覧できる同名のソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト。キャッチコピーはBroadcast Yourself.(あなた自身を配信せよ)。設立のきっかけは「ビデオ映像を簡単に誰でも共有したかった」からである。
YouTube(ユーチューブ・ようつべ)概要
サイトは英語で構成されている。サービスはすべて無料で利用できる。随所でAjaxが用いられており、ユーチューブを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。動画閲覧だけなら登録は不要だが、稀に会員しか見られない動画もある。登録すると以下のサービスを利用できる。
容量100MB、10分までの動画ファイルを容易にアップロードし、公開できる。
動画を5段階で評価したり、動画やメンバーにコメントを付けられる。
動画をまとめたプレイリストを作成・公開する機能、お気に入り機能がある。
特定のメンバー同士で動画を共有できる。
動画やコメントなどにUser Nameが表示されるため、ソーシャル・ネットワーキング・サービスにも分類される。アップロードできるのは動画ファイルのみで、音声ファイルなどはアップロードできない。
2006年4月21日時点で4000万の動画があり、日に3万5千の動画がアップロードされていることがプレスリリースで発表された。利便性から世界的に人気があり、Google VideoやAsk ビデオなど似たサービスは他にもあるが、動画の数はユーチューブが圧倒的に多く、同系統のサイトでは最大規模になっている(ただし、最近は下記のとおり規制が厳しくなってきたのでユーザーが離れつつある。いずれユーチューブに嫌気をさし他のサービスに殆どのユーザーが移行するケースも考えられなくも無い)。ほかにも動画に対するタグ(動画を分類するキーワード。メタデータの一種)を自由に付けられることや人気タグ一覧が表示されるタグクラウドの実装など、写真共有サイトFlickrの動画マルチ版ともいえる存在である。
アメリカでは2005年12月頃にNBCの人気テレビ番組、サタデー・ナイト・ライブがアップロードされていたことからブログなどで話題になった。日本では2006年1月頃に2ちゃんねるやブログなどで紹介され人気が上昇、2006年3月頃からINTERNET Watch(Impress)やITmediaなどのニュースサイトで取り上げられるようになった。サイトオープンから1年で驚異的に利用者を増やし、今後さらなる利用者の増加が予想される。これを受けて日本でもユーチューブを意識したと思われるワッチミー!TVなどの類似サービスが開始された。但し、日本では著作権問題(後述)が一番の課題となっている為に、皆が類似サービスを思いついてはみるものの、参入がとても難しいと言われていた。
著作権問題はあるものの手軽に動画が楽しめることから、コンテンツ業界に注目されている。2006年4月にアメリカの映画制作会社、The Weinstein CompanyとDimension Filmsが提携し、映画の予告編がユーチューブで配信された。2006年6月28日にNBCと提携、NBCのコメディドラマ「The Office」のPVを配信したり、プロモーションページを設けた。さらにレコード会社などが自前のページを立ち上げて配信を始める例も見られ、新たな活用法が模索され続けている。
機能追加も活発で、メンテナンスが頻繁に行われている。メンテナンス画面は机を組み立てる説明書を読んでいる男性の写真や、営団地下鉄(現:東京メトロ)の電車に貼られていたドアステッカーの写真や東京都の消火器具に描かれている消防士のキャラクターの画像など、ユーモラスで意味深長なフレーズと画像が使われるが、2006年6月2日のメンテナンスで、トップページが「ALL YOUR VIDEO ARE BELONG TO US.」と書かれたものになり、インターネット上で騒動となった。これは「All your base are belong to us.」をもじったものと思われるが、海外(特に日本)からのアクセス増加をよく思ってないと取れるため、「海外からのアクセスが規制されるのでは」「クラッキングされた」などといった推測が飛びかった。のちにユーチューブのブログでユーザーに心配かけたことを謝罪し、機能追加を発表した。
ユーチューブはサーバーの回線コストだけで月間100万ドルに達するという。
今後どういった部分で収益を上げていくかが注目されていたが、2006年10月に入るとGoogleに買収されるのではないかとの報道が入り(ちなみにユーチューブは主にGoogle AdSenseの広告を利用していた)、10月9日にGoogleが16億5000万ドルで買収に同意したとの発表を行った。この買収については日本での反応として一般ユーザーからアップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは?という危惧が持たれている。だが、チャド・ハーリーCEOはこれに対し「ユーチューブはGoogleに買収されたが、今後もユーチューブとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。また、Google側もユーチューブの類似サービスであるGoogle Videoは続行してサービスを提供すると述べた。
ユーチューブ - A Message From Chad and Steve(Google買収に対するチャド・ハーリーCEOとスティーブのコメント)
動画
アップロードした動画はFlash Video形式、QVGAサイズ(320x240、一部例外あり)、音声はモノラルのMP3に変換される。アスペクト比が4:3(もしくは1:1)以外の動画は自動的に黒帯が追加され、レターボックスになる。Adobe Flash Player 7以降がインストールされていれば、Webブラウザでストリーミング再生を閲覧できる。
UTF-8で運営しているため、動画名やコメント、タグは日本語を含む多国語に対応している。
卑猥な動画はメンバー登録による18歳以上の年齢認証が設定される。年齢認証は検証の手段が無いので全く意味がない、小学生でも閲覧は出来る、ただし年齢認証を設定しても過激な性描写がある動画は削除される。その他著作権侵害・過激な性描写などで頻繁に動画を削除されると、警告なしにアカウントを削除されると同時に過去にアップロードした動画すべてが削除されるという手続きが確認されている。
なお、過激な性描写がある動画をアップするには、PornoTube(ポルノチューブ)という物が代わりに存在するので、利用することが可能だが、2006年9月現在ではまだベータ版の為、検索機能が作動しないなどの不都合が存在する。
著作権問題
アニメやミュージック・ビデオ、テレビCM、オリジナルビデオ、バラエティー、AMV、MADムービー、特別番組、までの番組チャンネルが多数アップロードされている事から、著作権侵害が指摘されている。ユーチューブは利用規約で侵害になるファイル(テレビ放送や一般市民が撮影したコンサート・舞台など)のアップロードを原則的に禁止しているが、著作権法違反コンテンツは後を絶たない。
以前は違法コンテンツも放置される傾向にあったが、2006年6月頃からは削除作業が活発になった。特にテレビ局関係者はユーチューブに対して厳しい目を光らせており、以前は女子アナの名場面等の多数のコンテンツがあったが、後述に記載した各局の専任監視部隊等の活躍により、現在は視聴出来ない状態である。(例え見られたとしても翌日には削除依頼が出されている)もちろん、番組自体をアップした場合は即座に削除される。
このようにユーチューブは違法コンテンツの排除を進めているものの、現在でもかなりの量の違法コンテンツが横行し、中には削除とアップロードを繰り返している動画もあり、いたちごっこになっている。新作アニメなど人気動画の無断アップロードも、依然後を絶たない状況となっている。
だが、ユーチューブがここまで人気になった要因はこうした違法コンテンツによるところが大きく、違法コンテンツがなくなると大半の利用者にとってのメリットがなくなり、経営破綻につながるため、ユーチューブ側も難しい対応を迫られている。そのためか最近では各テレビ局にユーチューブの動画の監視・削除要請などを行う専任監視部隊(主として編成や著作権・ライツ関係の業務を行う専任部署)が設けられている。度々の申し入れをせざるを得ない社(例:TBS、東海テレビなど)に対しては、専用の申し入れフォームが作成送付されている。なお、視聴者側への警告としてはBS-iの深夜アニメ放送の冒頭でインターネットで動画を流すことを避ける旨のテロップが流れるようになった例がある。(流れるようになったのはユーチューブが開設される前のことであるが)
2006年2月16日にNBCの抗議を受け、サタデー・ナイト・ライブの映像を削除した。2006年3月27日からアニメなどの海賊版がアップロードされることを制限するために、10分を超えるファイルのアップロードを原則制限しているが、動画を分割してアップロードされているのが現状である。10分以上の動画をアップロードしたいとの要望に応えるため、2006年4月10日からDirector制度が始まった。Directorに登録すれば10分を超えるファイルのアップロードも可能になるが、登録には審査があり、完全なオリジナルコンテンツを提供する人のみに限定されている。
2006年7月14日には、ロス暴動などを撮影したことで知られるロバート・ターがユーチューブに自身が撮影した映像を無許可に公開されたとして、映像1本につき15万ドルの損害賠償請求を求める訴訟をユーチューブに行った。ユーチューブ側は同氏よりの抗議により動画をすぐに削除するなどの対応措置を行ったと主張し、この訴訟は無効だと述べている。
また、スターウォーズのファンが作成したパロディ映像を勝手に削除したとして同映画監督のジョージ・ルーカスに「こういったファンが作成したパロディ映像を削除するな」と苦言を述べられることもあった。
削除に際しては、削除後のアドレスには英文で「This video has been removed at the request of copyright owner ○○○ because its content was used without permission(無断で使用されたため、著作権者である○○○社からの依頼で削除しました)」などの理由が表記されている。かつて毒舌で有名な歌手やしきたかじんが出演する番組(特に「たかじんのそこまで言って委員会」<よみうりテレビ製作:関東圏には一切放送されていない>がらみの画像)が一斉に削除されたことがあった。このとき削除された番組の中にはよみうりテレビ製作作品でないものも混ざっていたが、そのすべてに「よみうりテレビからの依頼で削除」と表示されたことがある。 これはたかじんの毒舌によって不利益を被る一部の人たちが、よみうりテレビになりすまして削除依頼をしたためだと、考えられている。
著作権問題はGUBAやStage6など他の似たサービスでも問題となっている。こちらはユーチューブ程有名ではないため野放しの傾向にある。
2006年8月下旬より、日本のポップ音楽の著作権を統括するJASRACが削除依頼に乗り出し、順次アーティストの無断動画や音楽の削除が始まった(これまでは各テレビ局やアーティストごとの依頼が主であった)。
歴史
2005年2月 - 会社設立。
2005年11月7日 - ベンチャーキャピタルのSequoia Capitalから350万ドルの投資を受ける。
2006年2月16日 - NBCが著作権の侵害として、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の「Lazy Sunday」の映像を削除。大手のテレビ局からの要請による動画削除はこの件が初めてであった。
2006年3月27日 - 10分を超える動画ファイルのアップロードを制限。
2006年4月5日 - Sequoia Capitalから800万ドルの投資を受ける(二度目)。
2006年4月10日 - Director制度開始。
2006年6月15日 - 大規模な違法コンテンツ(アニメなど)の削除活動が始まる。
2006年6月24日 - 音楽家専用のアカウントを作れるMusicians制度が始まる。
2006年6月27日 - かつて否定的な立場をとっていたNBCユニバーサルが一転し、提携を発表。自局番組の宣伝動画などの配信を始める。
2006年7月14日 - ニュース記者のロバート・ターが著作権侵害でユーチューブに対し米連邦地裁で訴訟を起こす。
2006年8月4日 - メンテナンスを行い、デザインをリニューアル、新機能が追加された。
2006年9月中旬 - プレイヤーのデザインを再びリニューアル。
2006年10月2日〜6日 - 日本の著作権関係権利者団体・事業者(テレビ局など)が集中的に削除要請を行い、約3万件のファイルが削除される。
2006年10月9日 - Googleが16億5000万ドルでユーチューブを株式交換で買収した。但し、ブランド名やサービスなどは既存のままであり、Googleのグループ会社になる。
2006年10月 - QuickList機能が追加される。
2006流行情報様から引用させて頂きました


posted by にゃべお at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ユーチューブについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相互リンク、相互RSS設置
完了いたしましたww

★☆無料動画のまとめ☆★では主に動画共有サイトで見られるアニメ、ドラマ、漫才、コント、おもしろ系動画などを公開していますw
サイト名:★☆無料動画のまとめ☆★
URL>>http://takored.blog97.fc2.com/
RSS>>http://takored.blog97.fc2.com/?xml

*RSSは新着記事を速い順に20件表示させていますので確認時に表示されていなくてもきちんと登録していますw
Posted by takored at 2007年07月05日 16:48
えりです☆ブログにきていただいてありがとうございます☆しかもコメントまで頂いてとてもうれしかったです☆いろんなムービーおもしろいですね☆私のブログの「成功しなかったら20万円返金します」ってあるんですが、私試しに買ってみたんですよ☆それからもうすごいです!!貯金が増えました!!!
具体的な値段は言えなくてごめんなさい↓
最近まで大坂で会社員をしていたんですが
やめました!今沖縄で家族とすんでします☆
欲しかった新車のアルファードも買っちゃいました☆私のブログ一番のオススメです☆
またいろいろ今試してます☆また自分で体験していいのがあれば教えますね☆
Posted by えり at 2007年07月15日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。